年代別予防 30~45歳

30~45歳の特徴と予防のためのアドバイス

30~45歳の特徴と予防のためのアドバイス

すべての30代以上の方に気をつけていただきたいのが歯周病です。歯周病は虫歯と同じく、口腔内細菌が原因の感染症。仕事や家事との両立で時間がないといった理由でなかなかプロケアが受けられないために、知らず知らずのうちに歯周病になってしまっている方も多いのではないでしょうか。実際、成人の約8割が罹患しているとされ、日本人が歯を失ってしまう原因の第一位とされています。自覚症状がないまま進行するため、気づいたときにはかなり進行しているケースも少なくありません。

若年層にも広がる歯周病

歯周病は、かつては高齢者のお口の病気というイメージが強くありましたが、現在では、10代・20代の若い世代でも発症している場合が多く見受けられます。現代においては、免疫力の低下している30代以降のすべての方に、歯周病予防のためのケアが必要と考えられています。

歯周病と全身疾患との関連

歯周病が恐ろしいのは、歯を失ってしまうというお口の中だけの問題に留まらず、全身にトラブルを引き起こすことがあるという点です。歯周病菌が血管を介して体内へ侵入することで、侵入先で炎症を起こしてしまうことがあるのです。

肺炎 肺炎 心臓病や脳血管障害 心臓病や脳血管障害
歯周病菌が気管で炎症を起こすことで、肺炎となります。 歯周病菌が血管内で血栓を作ることで、心臓病や脳血管障害などを引き起こします。
糖尿病 糖尿病 早産・低体重児出産 早産・低体重児出産
歯周病菌が出す「サイトカイン」という物質が血糖値を下げるインスリンの働きを妨げるため、糖尿病を悪化させます。 歯周病菌が出すサイトカインという物質が子宮の収縮を促し、早産や低体重児出産といったトラブルを引き起こしやすくします。
歯周病ケアのために重要な定期検診

歯周病予防の基本は、お口の中にプラーク(歯垢)や、プラークの死骸である歯石をためないことにあります。プラークは毎日のブラッシングで取り除くことができますが、歯石になってしまうと、歯科医院での専用器具を使った除去が必要となります。定期検診では、歯周病予防のためのプロケアを行っていますので、積極的にご活用ください。歯石はメインテナンス後3ヶ月以降に形成されてくるため、3~4ヶ月に一度のペースでの受診をおすすめします。また、睡眠不足や食生活の乱れ、喫煙なども歯周病悪化につながりますので、生活習慣の改善も大切です。

この年代で関わりの多い治療~歯周病、ホワイトニング、審美歯科~

歯周病治療の流れ

STEP1.	歯周病の進行具合を検査します

Step01歯周病の進行具合を検査します

  • 歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さの測定
  • 歯にグラつきがないか動揺度のテスト(ペリオテスト)
  • レントゲン撮影で、顎の骨の溶け具合を確認
  • 口腔内を撮影
  • 顕微鏡を使った細菌の種類や形態の検査

検査結果を基に、治療計画の立案に役立てます。

STEP2.	インフォームドコンセント

Step02インフォームドコンセント

検査結果に基づき、お口の状態や今後の治療計画をご提案します。治療計画についてご同意いただいてから治療を開始しますので、何かありましたら遠慮なくおたずねください。

STEP3.	治療

Step03治療

進行段階に応じて、ブラッシング指導やクリーニング、外科的処置や歯肉の再生治療を行います。

STEP4.	メインテナンス

Step04メインテナンス

歯周病は再発しやすい病気です。継続したメインテナンスでプラークコントロールすることが大切です。3~4ヶ月に一度は定期検診の受診にお越しください。

歯の黄ばみはホワイトニングで解決

年齢とともに歯の黄ばみや着色汚れを気にする方は少なくないでしょう。神戸市西区の「たかしデンタルクリニック」では、歯の内部の色素を薬剤を使って分解して漂白するホワイトニングを導入しています。従来の歯を白くする施術は、歯を削って人工歯を装着するものでしたが、ホワイトニングなら歯を削る必要がありません。自分の歯を白くすることでより健康的な印象を手に入れたい方、ホワイトニングに興味がある方はお気軽にご相談ください。

症例のご紹介


  • 治療前

  • 治療後

ここでは2種類のホワイトニングと、メタルフリーのセラミック素材を使った審美歯科をご紹介します。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。歯の表面に薬剤を塗り、レーザーを当てることで歯を白くします。オフィスホワイトニングの特長はその即効性。ホワイトニングを受けた即日に白さを実感できるため、近々大切なイベントを控えている場合など、お急ぎの方にはおすすめです。ただし、白さが長持ちしないため、白さを維持するには定期的にホワイトニングを受ける必要があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅で手軽にできるホワイトニングです。歯科医院で作製するマウスピースにご自身で薬剤を入れて装着することで、歯を白くします。効果が現れるまでに2週間程度かかりますが、白さが後戻りしにくいことがメリットです。

審美歯科

審美歯科

虫歯治療で金属の詰め物・被せ物として使用している場合、銀歯に含まれる金属イオンが溶け出して体内に取り込まれることで、金属アレルギーを引き起こすことがあります。虫歯治療からしばらく経ったのちに湿疹や頭痛など、金属アレルギーの症状が出てくるケースが多いようです。当院では金属アレルギーのリスクを防ぐために、セラミック製の詰め物・被せ物を使うことをおすすめしています。天然の歯に近い白さや透明度を備えているので、外見の美しさを実現することもできます。

歯周病もしっかり予防できます予防歯科の重要性

歯周病もしっかり予防できます予防歯科の重要性