土台の重要性

歯の根を残すことが重要です~根管治療による土台づくり~

歯の根を残すことが重要です~根管治療による土台づくり~

虫歯が重症化すると、歯の内部の歯髄(神経や血管)まで虫歯菌に汚染されてしまいます。そうなった場合、これまでは抜歯するしか治療法がありませんでした。しかし、抜歯は噛み合わせのバランスを大きく乱すなど、さまざまなトラブルを引き起こす原因になることがあるため、できるだけ避けたい処置。そこで登場したのが「根管治療」です。

ご自身の歯を残す最終手段

根管治療は、顎の骨と接する天然歯の根っこの中にある「根管」を無菌化することで天然歯を残す治療法。根管内の汚染された組織を取り除き、空っぽになった根管内を洗浄・消毒し、専用の薬剤を詰め、最後に人工歯を装着して治療は完了です。根管は細く複雑な形状にもかかわらず虫歯菌を徹底的に取り除く必要があるため、医師には高い精度が求められます。

根管治療の重要性

根管治療の重要性

いくら上部に高品質な人工歯を装着しても、根管治療がいい加減だと虫歯が再発し、歯を失ってしまうリスクを負うことになります。これは家づくりでどんなに立派な建物を建てても、地盤の悪い土地だと崩壊する危険性が高いことに似ています。

また、根管治療は再治療を重ねるごとに成功率が低下するというデータがあります。天然歯をできるだけ長く維持するためには、一回目の治療をしっかり成功させることが重要となるのです。当院では、慎重に根管治療を行っています。

根管治療の流れ

根管治療の流れ

STEP1. 診断・ご説明

Step01診断・ご説明

レントゲン撮影などで歯根の状態を正確に把握し、根管治療が可能かどうか診断します。写真を見ながらお口の状況をご説明し、これから行う治療法についての理解を深めていただきます。

STEP2. 虫歯菌に汚染された部分の除去

Step02虫歯菌に汚染された部分の除去

歯髄や歯質など、虫歯菌に汚染された部分を残さないよう、しっかりと除去します。

STEP3. 洗浄・消毒・充填

Step03洗浄・消毒・充填

根管内を洗浄・消毒した後、隙間なく薬剤を詰めフタをし、歯の土台として形成します。

STEP4. 芯を入れる

Step04芯を入れる

人工歯を支える芯(コア)を立てます。

STEP5. 人工歯の装着

Step05人工歯の装着

人工歯(差し歯)を装着します。保険適用外となりますが、患者様のご希望に応じて、美しい・強度の高い素材などもお選びいただけます。なお、保険適用の場合は、銀色の金属(前歯の場合は表面のみ歯科用プラスチック)製のものとなります。人工歯の作製前に患者様の意思を確認し、費用などについてもしっかりとご説明いたしますので、ご安心ください。

STEP6. メインテナンス

Step06メインテナンス

どんなに精密な処置を行っても、その後のメインテナンス次第で歯を失ってしまうことにもなりかねません。快適に長く使用するためには、定期的なメインテナンスを受けることが重要です。